稲村の火祭り

 急に秋の気配が深まった今日、隣町の広川町で「稲むらの火祭り」という“たいまつ行列”が行われた。人々が手に持つのは、150年前をしのんで作られたという“たいまつ”である。
 安政の大地震の際、津波から村人を救ったという濱口梧陵の活躍を再現しようと試みられた祭りである。今年で5回目を迎える。
a0044420_20164380.jpg







広川町役場前で行われたオープンニングイベント。こちらは濱口梧陵の玄孫。
a0044420_20101248.jpg


採火は、広川町役場にある梧陵像の前で行われた。
a0044420_2012590.jpg

a0044420_2013568.jpg


                          採火された後は篝火へ。この火が「たいまつ行列」の火となる。
a0044420_20131827.jpg

a0044420_20152267.jpg

a0044420_2052224.jpg

a0044420_2017946.jpg
a0044420_20172618.jpg
a0044420_20173636.jpg
a0044420_20174517.jpg

[PR]
by vlv850 | 2007-10-20 20:05
<< みなと雑景Ⅱ 本日、新規のネタはございません。 >>