和佐 笑い祭り(2)

 笑い祭りは、昨夕のニュースや今朝の新聞で取り上げられていた。ということで続編・・・

 鈴振りは、どこに居ても(行儀の悪い)カメラマンが殺到する。ノーファインダーで撮った中の1枚。
a0044420_1823485.jpg


 



                     いきなりABCの小寺さん。
                     「小寺さん、おはようございます。」と声をかけると、しっかりカメラに目線を送ってくれた。
                     祭りの様子は明日の「おはようコール」でオンエアされる。
a0044420_1853829.jpg



 祭りの行列の先頭は昔ながらの衣装に身を包む神官。 私の勝手なイメージだが、豊臣秀吉が浮かんでくる・・・
a0044420_1875547.jpg


                     御輿は2つ、先に行くのは子ども御輿。
a0044420_18104781.jpg


                     こっちは大人の御輿。担ぎ手は御神酒ですでにできあがっている。
                     行ったり来たり、蛇行したり・・・
                     先導の鈴振りも、足元がかなりあやしい。
a0044420_18122633.jpg



 四つ太鼓  松瀬・和佐・江川・山野の4地区にそれぞれ一つずつある。
a0044420_18141754.jpg



 「サイテクリョー、サイテクリョ」のかけ声で、四つ太鼓が高く差し上げられると、乗り子はご覧のように背を反らせる。お祭り版イナバウワー(もちろん、こっちの方が歴史が古い)。
a0044420_1819923.jpg



 乗り子の化粧が面白い。地区によって赤の隈取りの形が変わっている。
a0044420_18184841.jpg


                     
                      四つ太鼓の下へ入って撮った1枚。(※これは一般の方は禁止されている行為です。)
a0044420_18194025.jpg



 本殿前の広場で行われる「力比べ」  息を止めて五反の幟を一気に引き上げる。そして、再び倒し、広場全体を右から左、左から右へ大きく振る。 
a0044420_18233569.jpg

a0044420_1828937.jpg


 本殿前で鈴振りと升持ちが「笑う」 この部分が報道されることが多い。カメラマンは、座る・立つ・脚立使用の3段になって構えている。
a0044420_18283128.jpg


                      とりあえずの役目を終えた鈴振りに一献。(とにかく、至る所で飲む!)
a0044420_18314066.jpg


 ここに紹介したのは、ほんの一部。近々「マニアック編」を拙HPへアップの予定。
[PR]
by vlv850 | 2007-10-08 18:36 | EOS_20D
<< HP更新のお知らせ 和佐 笑い祭り >>