多宝塔

ふと思いついて浄妙寺(有田市宮崎町)へ行ってみた。朝から、やたら元気のいい「セミの声」が迎えてくれた。おかげで暑さ倍増・・・
a0044420_7184865.jpg


出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

浄妙寺(じょうみょうじ)は和歌山県有田市にある臨済宗妙心寺派の仏教寺院。山号は醫王山。本尊は薬師如来である。

寺伝では大同元年(806年)、平城天皇の母乙牟漏皇后の発願により、鑑真の弟子の唐僧・如宝が創建したとされるが、定かではない。なお、乙牟漏皇后は790年に没しており、寺伝のとおりとしても、創建までには相当の年数を要したことになる。天正13年(1585年)、豊臣秀吉の兵火で本堂(薬師堂)、多宝塔を残して焼失し、以後長らく荒廃していたものを、近世に入って和歌山藩初代藩主徳川頼宣が再興した。

山の中腹にある境内には、本堂(薬師堂)や多宝塔など中世の建築物が現存する。
[PR]
by vlv850 | 2007-08-08 07:22 | PowerShot-G7
<<  存在感 ちょっと高いところから >>